Entries

2016年7月 ロシア旅行(2) 寝台特急は超豪華でした の巻

次は、モスクワからサンクドペテルブルグへの移動です。
距離にして、約700km、約9時間かかります。
日本流に言えは、A寝台と思います。今回は2名分を独り占めです!

夜中の12時頃、出発です、一両に付き2名の若い女性乗務員が付きます。
テレビあり、エアコンあり、いろいろありますが、すぐに飽きてしまいました。1時間ほどで爆睡!
P1060890_convert_20160716163021.jpg

気が付けば、もう朝でした、沿線は針葉樹の林で、たまに民家がありますが、寂しそうです、とても私には住めません。
P1060898_convert_20160716163037.jpg

朝食の時間です、食べかけて、写真をパチリ!結構、豪勢です。
P1060902_convert_20160716163052.jpg

朝の9時ごろ、サンクド・ペテルブルグに着き、最初に見たのは、またしても教会の「ネギ坊主」でした。
ここの「ネギ坊主」が一番きれかったかな?
P1060912_convert_20160716163116.jpg

噴水で有名なエカテリーナ宮殿です、しかし、ドイツとの戦争で結構破壊され、修復されているようです。「琥珀の間」が有名ですが琥珀はすべて、戦争で持ち去られ、最近、全て修復されたそうです。・・・がっかり!
P1060949_convert_20160716163132.jpg

郊外の木造教会です、歴史はあまりないようです。
P1060976_convert_20160716163150.jpg

エルミタージュ美術館です、たくさんの美術品でいっぱいです。
そこらじゅうにゴロゴロあります。
P1060980_convert_20160716163211.jpg

いいね、ピカソです。・・・・・・・・・・・・・・・次は、釣り!
P1060995_convert_20160716163239.jpg

2016年7月 ロシア旅行(1) ネギ坊主がいっぱいでした の巻

釣りも行きたいですが、旅行も行けるうちに行きたいです。
今回も、一人でツアーに参加しました、一人は気楽で良いです。
大韓航空機でソウル経由モスクワ行き、結構疲れます。

今はテロの問題で、比較的安全と思われるロシアに人気があり、機内は満席です。英語はほぼ通じません、文字もアルファベットのような違うような、つい読んでしまいますがわかりません、まったく読めないよりストレスがたまるような文字です。

お決まりの赤の広場からスタートです。赤の広場の内側がクレムリンです。
中国人・韓国人等いっぱい居ます。
P1060797_convert_20160716162740.jpg

クレムリン内のプーチン大統領がおられる建物です、今日は不在だそうです。
P1060810_convert_20160716162830.jpg

ホテル近くの教会の庭にかわいい犬がいました、癒されますね!
P1060820_convert_20160716162847.jpg

モスクワ郊外の世界遺産スズダリの教会です。
この近辺は、戦争での破壊もなく、たくさんの「ネギ坊主」・・・教会が残っています。
P1060841_convert_20160716162907.jpg

天気も良く、空の青とネギ坊主の青が美しいです。
P1060853_convert_20160716162931.jpg

ここはロシア正教の総本山、トロイツェ・セルギエフ大修道院でたくさんの建物とネギ坊主がありよく保存されています。
P1060861_convert_20160716162949.jpg

モスクワ郊外のぺトリュウシカ工場に連れていかれ、絵付けをさせられました。
はじめは、なんなん?時間つぶし?と思いましたが、やってみるとつい熱中してしまいました。
P1060881_convert_20160716163006.jpg


2016年6月4~6日 尾瀬ミズバショウ 終わってました の巻

釣りの話題でなく恐縮ですが、嫁さんと行ってきました。
旅行会社のツアーで、すべてお任せです。
普通は6月上旬がミズバショウの最盛期なのですが、今年は雪が少なく早くから暖かく開花が早かったようです。

よく見る光景です、写真をパチリ!
厳しく管理され、ごみ・靴跡等、一切ありません。
20160605+121239_convert_20160608212618.jpg

正面の山は、ヒウチ岳です、約2400m。とりあえず尾瀬は広いです。
20160605+130010_convert_20160608212638.jpg

数少ない開花中のミズバショウです!ミズバショウはサトイモ科でザゼンソウとも親戚だそうです。ただし、芋はできないそうです。
20160605+120814_convert_20160608212552.jpg

あっちこっちに池塘(水たまり)があり、のどかな所でした。
晩は、米どころ魚津の近くですので、冷の日本酒です。うまい!!!
20160605+134148_convert_20160608212721.jpg

来週は? 釣りでしょう!

2015年10月 東北一人旅 お気楽でっせ! の巻(2) 

4泊5日、東北一人旅 お気楽でっせ!の続きです。

列車の接続も悪く、時間もあるので、五能線、深浦駅からウエスパ椿山駅まで歩くことにしました。
初めは国道を歩いていましたが、海岸沿いの遊歩道があったので遊歩道を利用します。黄金温泉・不老ふ死温泉まで約10km、こんな感じの遊歩道ですが人が通らないので結構草が深いです。結局、約2時間、誰にも会いませんでした。
P1060372_convert_20151019204537.jpg

2時過ぎに温泉に到着しました。温泉でゆっくりしたいので。
この温泉は、人気のある温泉で、写真のように露天風呂と海岸がつながっています。夕日が沈むのを温泉につかって見ました。沈みきると、みんなで拍手喝采です。結局4回入りました。
P1060382_convert_20151019204617.jpg

翌日、最寄り駅のウエスパ椿山駅に送ってもらいます。朝風呂も気分良かったです。
電車を乗り継いで、秋田内陸縦貫鉄道の始発駅、鷹巣駅に着いたのは9時過ぎだったと思います。
この列車で阿仁合駅まで行きます、近くにはマタギで有名な打当温泉があります。ここは、満室で取れませんでした、残念!!
P1060398_convert_20151019204647.jpg

それでは、紅葉真っ盛りの森吉山へ行くことに決め、山麓のペンションに予約を入れました。
ロープウエイで1400m?まで一気に登ります、ここから30分ほど歩いてケルンのある場所まで行きました。
頂上付近は、針葉樹と熊笹できれいですが、紅葉はありません。
P1060416_convert_20151019204717.jpg

京都と違って、黄葉が主です、しかし眺めは雄大で作られた京都の紅葉とはまた違った味がありました。
P1060420_convert_20151019204752.jpg

次は乳頭温泉で一泊です。
途中、角館でチョットだけ観光です。紅葉の季節ですが、思ったほど観光客はいません。
武家屋敷があり、中庭等手入れが行き届いています。
P1060436_convert_20151019204823.jpg

お昼は、武家屋敷の真ん中で、稲庭うどん、1040円也!普通でした。
P1060440_convert_20151019204852.jpg

電車で田沢湖駅まで行き、バスで50分、乳頭温泉に着きました。泊まりは、大釜温泉です。
乳頭温泉には7つの旅館があり、各々泉質が違うようです。温泉めぐりをしました、写真は大釜温泉の隣の「妙の湯」さんです。写真はありませんが、露天風呂等、きれいで、洗練されています。
P1060453_convert_20151019204928.jpg

今回泊まった「大釜温泉」さんです、地元の小学校を譲り受けて建て直したようです。
P1060461_convert_20151019205051.jpg

温泉は乳白色のかけ流しで、湯量がメチャメチャ多いです。
ここでも4回入りました。素朴で湯治用の温泉らしい温泉です、気に入りました。
P1060460_convert_20151019204957.jpg

翌朝、あとは帰るだけです、8時過ぎのバスに乗り、秋田新幹線「こまち」、東北新幹線「ハヤブサ」、東海道新幹線「のぞみ」と最速列車で京都へ、6時間弱、26000円也!ピーチは安い!

2015年10月 東北一人旅 お気楽でっせ! の巻(1) 

昨年に引き続き、4泊5日で行ってきました、くしくも昨年と同じ10月14日~18日でした。前回は、宮城・岩手の太平洋側でしたが
今回は、青森・秋田の日本海側です。

LCCのピーチで、札幌まで約10500円(正規運賃は3万円越え)、丁度、目に留まったのが北海道新幹線開通により、来年3月に廃止となる急行寝台列車「はまなす」に乗ることにしました。
ピーチには初めて乗りましたが、特に苦になりませんでした、安くて良いのでは?
P1060292_convert_20151019204027.jpg

札幌に昼過ぎに着き、旭川ラーメンを食べて、時計台・テレビ塔をブラブラしました。寝台列車には風呂がないので、極楽湯で汗を流しました。
P1060305_convert_20151019204108.jpg

夜10時に「はまなす」は出発します、鉄道ファンがたくさん乗り合わせていますが、満員ではありません。
ディーゼル車に牽かれ、昔の夜行列車の雰囲気が漂っていきます。
P1060314_convert_20151019204135.jpg

B寝台を予約しました、こんな感じです、古いですが小奇麗にしてあります。
青森到着は、朝6時ごろ、8時間の旅です。
缶ビールを飲んで寝ちゃいましたので、青函トンネルは、いつ通過したか判りませんでした。
P1060324_convert_20151019204204.jpg

次の乗継が、8時過ぎですので、青森港付近をブラブラと、青函連絡船「八甲田丸」が博物館として保存されています。
朝食は駅の立ち食いそばです、濃いめの味付けですが問題ありません。
P1060333_convert_20151019204235.jpg

次の目的地は、五能線の艫作(へなし)駅近くの黄金温泉「不老ふ死温泉」です。時間はたっぷりあるのでブラブラと・・・・・・・
列車は、快速「リゾートしらかみ」です、この列車、メチャメチャ豪華です、快速料金560円ぽっきりです。
P1060336_convert_20151019204303.jpg

お客さんが少ないこともありますが、560円で、ご覧の1ボックスシート、6人掛けが独り占めです。
P1060340_convert_20151019204330.jpg

おまけに、車内では、津軽三味線のサービス付です。主には、白神山地へ行かれる人のための列車のようです。
P1060349_convert_20151019204400.jpg

あまり早く旅館についても、困るので、途中下車します。沿線の大きな町「深浦」です、ここの深浦漁港で上がる「マグロ」有名だそうです、深浦沖を通り、津軽海峡を抜けると大間のマグロになるそうで、漁獲量は大間のほぼ2倍?、定置網でとるそうです。
写真は「マグロステーキ丼」1400円ぐらい、生・片身を焼いたもの・両面を焼いたものの3種のマグロ丼をいただきました。
P1060363_convert_20151019204426.jpg

12時頃から深浦を出発し海岸線の遊歩道を歩きます、写真の中央に磯釣りをされている人がおられます。小さいですが・・・
至る所によさげな磯・砂浜・波止が存在しうらやましい場所です。(でも、冬はすごいんでしょうね?)  次号に続く!!
P1060371_convert_20151019204459.jpg

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

みゃー雄

Author:みゃー雄
京都市に住んでいます。
キス・カレイ・アオリイカを中心に若狭湾近辺で楽しんでいるヘナチョコ釣り師です。

最新記事

最新トラックバック