Entries

2015年3月20,21日 能登島へカレイ釣り 沢山釣れました の巻

3月20日(金)、後輩と能登島へカレイ釣に行きました。久しく、カレイのしめ込みを味わっていません。つまり、ボウズ続き。
京都を午前1時に出発、能登島に夜明け前の6時頃到着です。餌は通販で750g、日本海の餌屋さんの半額程度です。
後輩推薦の南に行きますが、先客がおられ数釣り場の鴫島の入り江へ変更です。筏が着けて有り、前のテトラに渡れます。
20150320+075152_convert_20150322140836.jpg

2本目の竿を準備していると、早くも穂先が揺れて、糸ふけが・・・・・
28cmの石カレイです、今日はひょっとして爆釣?
小型ですがダブルも有りました、でも小型ばっかりです。
28cmまでを4枚、とりあえずボウズをまぬがれました。10時頃に終了し、本命へ場所移動です。
20150320+092443_convert_20150322140910.jpg

磯場です、長靴で私は奥へ、後輩は手前から投げます。
まったりと時間が過ぎます、麦ジュースも美味いです。
時々、穂先が揺れ、フグが掛るのみ、左端の竿は、藻が絡んでいて重いです、仕方ないので放って置きます。
順番に餌を付け替え、左端の仕掛けを回収します。しめ込みがあるような?
藻と一緒に上がって来たのは、28cmの石カレイでした。
20150320+120614_convert_20150322140945.jpg

暫くして、また左端の仕掛けを回収すると本日最長35cmの石カレイです。今日はこれで終了、カレイの下処理を済ませ、早めの納竿です、磯からの帰り道、尖った石で足の裏が痛いです、この長靴、30年は使っています、途中、何度か痛くて手をついてしまいました、指2本、少し紫色にむくんでいます。。泊まりは温泉付きの千寿荘です。
20150320+141943_convert_20150322141022.jpg

2日目は、夜明けから昨日の手前の磯、〇〇〇台です。
何も起こりません、フグが時々、掛る程度です。降参!場所移動。
20150321+105924_convert_20150322141047.jpg

〇〇〇台の手前のゴロタ浜です、今一番釣れている場所だそうです。
20150321+141247_convert_20150322141159.jpg

4本投げ終わって、糸ふけを取ると、右端の竿に魚の感触が・・・・・
今日はウェイダーを着ていますので水の中へ、大きく合わせて、グイグイ巻きあげると、35cmの石カレイです。続いて同じ場所へ投げ入れ、糸ふけを取ると魚の感触が、28cmの石カレイです、続いて、同じ場所へ投入し、糸ふけを取ると、またも魚の感触が、本日最長の38cmの石カレイでした。
3連荘です、ほぼピンポイントに群れているようです。
暫くして、写真の24cmマコガレイが釣れました。
20150321+115134_convert_20150322141119.jpg

2時過ぎには、同じく右方向で26cmのアイナメが釣れました。
20150321+142657_convert_20150322141223.jpg

写真は、本日最長の38cmの石カレイです。
2日間で、大小合わせて11枚とアイナメ1匹です、よく釣れました。
20150321+144438_convert_20150322141250.jpg
スポンサーサイト

2015年3月15日 三重県二木島でヤエン釣り 当たりは有りましたが・・・の巻

先週に続いて、三重県東部へアオリイカのヤエン釣りに行きました、半ば義務感に駆られ行ってます。
今回も地道で熊野まで170km、途中、活きアジ購入のため、いつもの「日の本釣り具」さんに寄りました。
「おっちゃん、先週、磯崎漁港に行ったが、当たりも何も無しや」「そうか、磯崎漁港は昨年、港のしゅんせつをやったし、最近釣れんなっとるわ」
「どっか良いとこない?」「隣の二木島、釣れてるよ」
てなわけで、教えられた通り二木島へ、日の本さんから約30分、家を出て、約4時間、朝7時到着です。

二木島の町を西に向かい室古神社方向に向かいます。
細い道です、車1台がやっと通れる道です。途中の小さな漁港を過ぎ、突き当たりまで行くと目的の漁港です。
先客のヤエン師が3名おられます、釣果は3名で1匹、当たりは有るそうです。先端に陣取ります。
20150315+082733_convert_20150316211727.jpg

竿2本、当たりありません、釣り具屋のおっちゃんは写真方向のコーナーが良いと言ってました、先客あり。
11時頃、外洋に近い船着き場が開いたので移動です。
20150315+082751_convert_20150316211802.jpg

なかなか良さげで、新しい墨跡が2個あります、さっそくアジを投入すると、すぐにドラグがうなりラインが出ていきます。
マニュアル通り、3分待って、巻き巻きして寄せます、途中、逆噴射が何回も有ります。
ヤエン投入、がっちりヤエンがかかりました、ラインを緩めず巻きます。
20150315+113309_convert_20150316211835.jpg

ところが、ここでハプニングが・・・・・
写真のように周りは石がごろごろ根があります、丁度、干潮で水位が浅く、根に潜られました。
終わり、ヤエンもロストです、初めての経験です。
20150315+113318_convert_20150316211904.jpg

2回目の当たりは、1時頃でした。ドラグが今回もビユーンとなります。
今回もマニュアル通り、3分待って、巻き巻きヤエン投入、ここで魔が差しました。根に潜られない様に、浮かさんと・・・
竿を立てて(ほんとは竿を寝かせて)浮かせます、突然、イカが水面に。当然イカはびっくりして逃げますわな!終わり。
20150315+113326_convert_20150316211940.jpg

去年の5月にヤエンを始めて10カ月、今までは漁港などすぐに深いところでしたので、根に潜られる心配は有りませんでした、今回、初めての経験でちょっと落ち込みました。今までが、調子良すぎたのかも・・・
独学ですので、上達も遅いですが、ヤエンは面白いです。

2015年3月7日 三重県熊野市磯崎でヤエン釣り 釣れたのは?の巻

太平洋側では、そろそろアオリイカが釣れ出したそうです。
紀伊半島の南側から釣れるという事で、三木浦より南にある熊野市磯崎漁港に行きました。以前から一度、高速を使わず、京都から真っ直ぐ南へ地道で行ってみたいと思っていました。
自宅から、奈良・桜井・吉野と169号線で磯崎まで約180km、丁度5時間と出ています。夜明け後、到着で3:00丁度に出発しました。
初めての道で、ワクワクします。ナビのおかげで順調に走れます。
途中、川上村付近は、山道でヘアピンが続きます、やっと七色ダムなどのダム湖が続き、駐艇場の表示があり、バス釣り場です。昼間見ると、湖面は、緑色で神秘的で深そうです。
餌の活きアジは、海岸から10km付近に有る「日の本釣り具店」で購入しました、1匹120円、10匹買いました。
おっちゃん曰く、「帰りもこの道空いているので、イイですよ~」、高速代片道2700円も節約できるので、そうするか!

順調に着きました。到着6:30、3時間30分、166km、時速47kmでした。誰もいません、地元の人に車を止める場所を聞きます。白灯台の根もとの高台です、無料です。
赤灯台は柵があり、立ち入り禁止です。
足元を見ますと・・・・・・墨跡は古いのが2個しかありません!!!
とりあえず始める事に、準備を始めると、地元の人が「どや?」、「これからです」、「今日は水温15℃や、一昨日は18℃有ったで!」・・・と言う事は、釣れん?と言う事?
写真の正面の丘が鬼が城跡でその下が、名勝「鬼が城」です。
20150307+111328_convert_20150308204754.jpg

磯崎の町並です。隣は新鹿・二木島・三木浦と続きます。
20150307+085434_convert_20150308204659.jpg

正面の地磯が旧学校下の地磯です、朝方、2人がグレ釣?やってましたが、すぐに帰られました。
所で、今日のアオリ釣りですが、当たりなにも無し、竿2本でマッタリと終わりました。
最後の最後の一度だけ、ドラグが鳴ってラインが出ていきます、でも弱い?2分待って、巻き巻きすると・・・重いです。
でも、逆噴射がありません、とりあえずヤエンを入れます、だいぶ慣れて上手にヤエン投入となりました。
?、沖でカモメが暴れています、?カモメを釣った?
がっかり、足元まで引き寄せて、網ですくい、ヤエンを外し、針を外し・・・カモメは、飛んで行きました。よかった・・・。
多分、ラインいっぱい150m出て行って、アジも疲れて浮いていたのでしょう、上空のカモメを察知して、アジが潜りドラグが鳴り、ついにはカモメに食べられた。・・・・・と思います。
20150307+111341_convert_20150308204821.jpg

帰りは、おっちゃんの言う通り、地道で・・・、桜井までは早かったです。あとは・・・
結局、4時間30分掛りました、途中、何も釣れなかったので、大宇陀の道の駅で、柿の葉寿司・天然酵母のパンを土産に買いました。
帰りは、伊勢道・新名神が良いような・・・
次は、ヤエンかカレイか? 坊主が続きます。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

みゃー雄

Author:みゃー雄
京都市に住んでいます。
キス・カレイ・アオリイカを中心に若狭湾近辺で楽しんでいるヘナチョコ釣り師です。

最新記事

最新トラックバック