Entries

12月16日 エギング de アオリイカ(86)

三重県古和浦にある渡船屋さんのブログにアオリイカが
釣れているとのことで、16日(日)に行きました。
6時に渡船と言うことで、6時に行ったら、人沢山。
私は初めてなので、2番船となりました。

長浜筏に乗りました。今日は予想外に風が強かったです。
根掛りなし(藻もストラクチャーもなし)で素人には難しい
釣りでした。写真奥が古和浦の町と漁港です。
IMG_1110_convert_20121216213238.jpg

釣り堀です。青物・鯛などが上がっていました。
私のエギが風で釣り堀のフェンスに引っ掛かり、おじさんに
外してもらいました。(ラッキー)
IMG_1109_convert_20121216213200.jpg

釣果:アオリ なし(当たりも無し・・・約7時間シャクッテ)
   タコ 1杯 1140g(結構でかい)初め長靴か藻を
   釣ったかと思いました。(ずるずると重いだけでした)
IMG_1113_convert_20121216213304.jpg
スポンサーサイト

12月10日 エギング de アオリイカ (85)

一月半ぶりの待ちに待ってたエギングです。多少天気が
悪くても出発するつもりでした。案の定、10時頃までは
風が弱かったですが、その後、強風で突風混じりとなり
2時前に切り上げました。
場所は三重県道瀬の沖磯です。

船頭の機嫌もよく夜明け前の6:30から釣り開始です。
なかなか釣れません、8:30頃待望の1杯目、15cmと
小さいです。
IMG_1103_convert_20121211215315.jpg

2杯目は今回お初のエメラルダス・ソルテストでゲットです。
これも小さく14cmです。この竿、少し硬めで機敏なエギの
動きが出来ます。
IMG_1101_convert_20121211215244.jpg

3杯目はいちばん小さく12cmでした。サイトで釣りました。
この時期、大型を期待していたのですが、なぜか小型ののみ
でした。帰りに紀伊長島のスーパーで売っているアオリを見ましたが
どれも小型でした。なんで?刺身にはちょうど良かったですが・・・
IMG_1107_convert_20121211215353.jpg

この日、道瀬のティップラン船でも一人3杯程度でした。
この時期、極シブの日だったようです。
次は何処へ・・・思案中???????アオリ?カレイ?

反省
1)根ずれでエギ3個ロスト・・・リーダーのキズ点検!!

ヨーロッパ旅行(4)チェコ

そろそろ旅行も終盤を迎え、チェコの首都プラハへ、
チェスキー・クルムノフからここもバスで4時間です。
小雪舞う中、ホテルに着きました「デプロマット」ホテル
今回、もっとも社会主義の匂いが残るホテルでした。

プラハ城の遠景、大きな城です。衛兵さんがいます。
IMG_1043_convert_20121211214521.jpg

聖ヴィート大聖堂のステンドグラスです。ミーシャの
作で、下から2段目、右から3枚目に良く見る顔があります。
IMG_1050_convert_20121211214604.jpg

聖ヴィート大聖堂の裏側です、クリスマスツリーの準備を
クレーンでやっているところがユニークです。
IMG_1059_convert_20121211214645.jpg

王宮内の「黄金の小径」です。小さな土産もん屋が沢山あります。
元は、衛兵さんの宿直室だったそうです。今で言う2Kぐらいです。
IMG_1062_convert_20121211214720.jpg

プラハ市内の町並みを望む。中世の赤屋根がきれいに保存されています。
IMG_1068_convert_20121211214757.jpg

夕暮れのカレル橋です。左右に沢山の聖人の像があります。
IMG_1074_convert_20121211214909.jpg

ハプスブルグ家と戦った聖人の像です。
IMG_1076_convert_20121211214944.jpg

時計台で毎時になると、鶏・12聖人・・・・とからくりがあり
人気のスポットで観光客でいっぱいです。スリに注意。
IMG_1085_convert_20121211215019.jpg

時計台の前の広場でクリスマスの行進がありました。
IMG_1086_convert_20121211215054.jpg

火薬塔に登りました。屋上からの景色は「百塔の都」と言うだけ
有って、沢山の塔が見渡せます。
IMG_1094_convert_20121211215128.jpg

帰りのプラハからアムステルダム行きの飛行機ですが
窓の直近にエンジンがある見知らぬジェット機でした。
IMG_1099_convert_20121211215207.jpg

とりあえず、嫁さんと喧嘩しなくてよかったです。
500ccのチェコの缶ビール12本ハンドキャリーにて持ち帰り
ました、黒とスピルナー共にうまかったです。

ヨーロッパ旅行(3)チェスキー・クルムロフ

オーストリアとチェコの国境近くにあるチェスキー・クルムロフまで
ウィーンからバスで4時間です。昔は塩の道で繁栄したそうですが
モルダウ川を船で運ぶようになり、忘れ去られた中世の町です。
この付近の川は浅すぎて、船が通れません。イタリアのセント
ジミアーノも忘れ去られたおかげで中世の町が残りました。

高速道路のサービスエリアからオーストリア国境付近を望む。
IMG_1016_convert_20121211214200.jpg

チェスキー・クルムロフ城の外壁です。増改築を繰り返し奥が
深いです。ここの地元ガイドは「地球の果てまで・・・」の
テレビに出演した自慢話で終わりました。ベッキー、イモトの
話でダジャレ満載でした。
IMG_1019_convert_20121211214245.jpg

観光案内板の写真です。右上がお城で、中央・左下が庶民の
居住区です。戦いになると、橋を落として守るそうです。
IMG_1028_convert_20121211214327.jpg

高台から町並みを望む。赤屋根で小さなプラハのようです。
IMG_1037_convert_20121211214408.jpg

途中休憩したガソリンスタンドで。写真撮ったら、怒られました。
著作権?
IMG_1041_convert_20121211214444.jpg

ヨーロッパ旅行(2)オーストリア

オーストリアの首都、ウィーンへはブダペストからバスで約4時間
です。ウィーンもブダペストと同じく人口約200万人前後の
小じんまりした街で路面電車が便利です。

郊外の先端科学地区に今年7月オープンしたビジネスホテル
のようです。市内中心部から、路面電車で約10分便利です。
IMG_0972_convert_20121211210129.jpg

シェーンブルン宮殿の中庭です。奥に見える建物まで歩いて約30分
だそうで、とても行けませんでした。
IMG_0977_convert_20121211210246.jpg

シェーンブルン宮殿です、ここの3階、4階には第2次世界大戦後
住宅不足で一般市民が住んでいます。
IMG_0973_convert_20121211210207.jpg

お昼のクリスマス市の風景です、市庁舎の庭で行われます。
IMG_0985_convert_20121211210323.jpg

フンデルトワッサー作の現代建築、大阪・舞浜に同氏の
焼却施設は有名です。ここも路面電車で行きます。
観光客も少なく、静かなところです。
IMG_0995_convert_20121211210413.jpg

ウィーンで有名なスイーツ屋で、休憩。地元の人が着飾って
午後のお茶をしています。優雅なひと時です。
IMG_1002_convert_20121211210459.jpg

夜の市庁舎でのクリスマス市。有名なホットワインとウインナー
をほおばりました。
IMG_1010_convert_20121211210543.jpg

ヨーロッパ旅行(1)ハンガリー

私が昨年、嫁さんがこの11月に定年を迎えまして、記念旅行として
11月25日から12月2日までの8日間の日程で嫁さんとヨーロッパ
(中欧3国 ハンガリー・オーストリア・チェコ)に行ってまいりました。

KLM航空でアムステルダム乗り継ぎでハンガリーの首都ブダペストへ
家を出てからホテルに着くまで約24時間、次は直行便がいいな・・・・
翌日朝6時頃の市内の様子です。人も少なく、寒いです。
IMG_0919_convert_20121206214132.jpg

ブダペストは、このホテルで泊まりました。部屋は小さく古いですが
よく手入れが入れてあり気持のよいホテルです。
IMG_0921_convert_20121211203839.jpg

ドナウ川を見下ろす丘の王宮の「漁夫の砦」
IMG_0923_convert_20121206214224.jpg

ブダペストのクリスマス市、まだ少し早いようです。
IMG_0938_convert_20121211203927.jpg

ドナウ川クルーズから国会議事堂の夜景
IMG_0944_convert_20121206214307.jpg

同じく「くさり橋」
IMG_0946_convert_20121206214353.jpg

ブダペスト郊外のセンテンドレと言う中世の町
IMG_0953_convert_20121206214435.jpg

センテンドレからエステルゴムへ向かう途中のレストランにて
ハンガリー名物の「グヤーシュ」というパプリカたっぷりのスープ
IMG_0954_convert_20121206214517.jpg

同じく川カマスのフライだそうです。日本人向けに味はアレンジ
しているようです。
IMG_0956_convert_20121211204016.jpg

「グヤーシュ」を食べたレストランの外観
IMG_0957_convert_20121206214601.jpg

ヨーロッパは風力発電が盛んです、風強いでっせ。
IMG_0958_convert_20121206214643.jpg

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

みゃー雄

Author:みゃー雄
京都市に住んでいます。
キス・カレイ・アオリイカを中心に若狭湾近辺で楽しんでいるヘナチョコ釣り師です。

最新記事

最新トラックバック