Entries

2016年4月16日 比良山系 山菜取り の巻

年に一度のお楽しみ、山菜取りに行ってきました。
狙いは山菜の女王、「コシアブラ」です。
いつもと同じ場所です。しかし、今年はコシアブラの木が激減しています。下草刈り・伐採・乱獲が原因と思います。
いつも、2~3時間でスーパーの袋に満杯となるのですが、今年は結局、四分の一程度でした。
これでも家族で食べるには十分で2回分あります。
さっそく、てんぷらにして食べました。独特の香りが何とも言えず、春の味でした。
来年は、新規開拓しないといけないようです。
20160417+190316_convert_20160418205748.jpg
スポンサーサイト

2015年12月8日 滋賀県古墳ツアー? お暇なもんで の巻

お休みいただいて、見てきました。自分で調べて行くのは大変なので、まづはマイナーなツアーを探しました。
滋賀県にはたくさんの古墳があります、今回は近江八幡から竜王、蒲生、野洲当たりです。古墳にも大小いろいろあり、畳2畳ぐらいから仁徳天皇陵まで様々です。

大津から名神に入り、黒丸サービスエリアで、飼い主さんの許可を得て撮らせていただきました。初めて見ました。
20151208+095721_convert_20151208213512.jpg

湖東三山で一般道に降り、一つ目は、愛荘町の上蚊野古墳群です、コクヨさんの近くで、隣は名神です、今まで気が付きませんでしたが、名神から見えるようです。
ここには10基位残っているようで、小さいものが多く、戦前は300基位あったようです。すべて円墳で、畑にポツンとあり、のどかな風景となっています。
20151208+104850_convert_20151208213603.jpg

次は、安土城考古博物館の近くにあります瓢箪山古墳です。
ここは前方後円墳で、近江最大級で140mぐらいあるそうです。
写真右の木の当たりが前方部分で、左が後円部分だそうですが、木が生い茂っていて見ても判りません、発見も昭和10年だそうです。頂上まで登りましたが、説明がないとわかりませんでした。
20151208+120749_convert_20151208213632.jpg

次は、東近江市、蒲生、雪野山の麓の八万社古墳群です。
ここも上蚊野と同じく円墳が主体で10基位あります、写真は唯一の前方後円墳で玄室が3つあります。
手入れが行き届いており、温かみを感じる古墳でした。
20151208+134353_convert_20151208213657.jpg

次は、名古屋方面に名神を走っていると右手に見える2つの大きな古墳です。あかね古墳公園と言いますが、木村古墳群が正式名称のようです。円墳が天乞山古墳で、方墳が久保田山古墳です。どちらも再現されたものです。
20151208+140609_convert_20151208213720.jpg

次は、竜王町岡屋にある雨宮古墳です、ここは鈴鹿・大阪方面へ抜ける要衝地です。ここも説明がないと古墳とはわかりませんが
地元の方が定期的に下草刈りをされていてきれいな古墳でした。ここは未盗掘で保存されています。
写真の手前が前方部で、奥が後円部です。わかりにくいですね!
20151208+143933_convert_20151208213746.jpg

次が最後になります、希望ヶ丘、野洲駅近くで新幹線の南に接しています、新幹線から見えるようです。
大岩山古墳群で、写真は甲山古墳の入り口です。最近扉が作られたようです。
20151208+153859_convert_20151208213813.jpg

内部は広く、石棺は熊本県の凝灰岩でできているそうです。どのように運んだ?瀬戸内海、淀川?
残念ながら、近年盗掘に会ったらしいです、石棺の四隅がこじ開けられています。
20151208+154740_convert_20151208213833.jpg

最後は、甲山古墳の隣の丸山古墳です、お椀をかぶせたような急斜面の円墳です。
入り口が写真中央下に見えます。
20151208+160816_convert_20151208213851.jpg

また時間を造っていきたいと思います、若狭方面にも古墳が多くあり、以前見学ツアーがあったのを覚えています。三重県熊野方面も色々有りますよね、楽しみです。

2015年4月22日 山菜取り 今年もたくさん採れました の巻

今年も比叡山に山菜(こしあぶら)取りに出かけました。
先週の休みに後輩と山菜取りの名人の3人で行く予定でしたが、あいにく雨となり水曜日に変更しました。
後輩は仕事で参加できず、2名で出発です。
車にカメラを忘れてしまい、山菜取りの写真はありません。

最近は、山菜取りもブームです、水曜日というのに結構来られています、ゴールデンウイークの2週前の休みに行くのがベストです。
約2時間でスーパーの大きい袋いっぱい取れました。
20150422+213331_convert_20150422231453.jpg

後輩、ご近所等々に分けて、てんぷらで食べました。
独特の油の香りが何とも言えません、年に一度のお楽しみです。
20150422+200040_convert_20150422231406.jpg

2015年4月18日 信楽 ぶらり窯元めぐり の巻

今年も行ってきました、「第10回信楽窯元散策路」、今年は第10回記念で主催者も気合が入っています。
今回で5回目、同時開催の「陶ビーズラリー」も参加しました。
定員100名で毎年参加人員は少ないです。たぶん100名に達しないように思います。
と言うわけで、静かに・のんびり1日遊べます。

ミュージアムなどがある「陶芸の森」とは、関係ないようです。
受付を済ませ、18か所の窯元を巡ります、今回も逆回り、静かです。
20150419+084704_convert_20150419103347.jpg

やすお陶房さんの前で、「モカ」の雄叫びです。
途中、たい焼き・焼きそば・朝宮紅茶とデザートとつまみ食いが続きます。
20150418+104127_convert_20150419103237.jpg

古い登り窯です、信楽は小さな丘が点在するので登り窯が作りやすい地形のようです。
20150418+110352_convert_20150419103311.jpg

全部で18軒の窯元さんが参加されていて、陶器ビーズを集めると、こんなんになります。
20150419+085031_convert_20150419103421.jpg

2015年4月4日 三河湾 潮干狩り 翌日全身が・・・の巻

前線の通過で雨の予想でしたが、前日、曇りに代わりました。当日は、昼ごろ晴れと予報が変わります。
後輩から、家族連れの潮干狩りを想像していると痛い目に合うと言われていました。
京都を6時に出発、西幡豆海岸に着いたの8時半ごろでした。
すでに、たくさんの人がいます、開園は9時です。

沖に見えるのが、前島です。まだ、潮は引いていません、干潮は12時丁度です。
20150404+091210_convert_20150405222617.jpg

9時を過ぎると、みるみる干潟になります。
9時半頃、掘り始めます、30分ぐらいして、まぐれでハマグリに当たりました。8cmと大きいです。
周りを掘りますが、その後ハマグリには出会えませんでした。
20150404+105818_convert_20150405222706.jpg

時々、大きいアサリに当たりますが、少ないです。
バカ貝がアサリ以上にいます。バカ貝は殻が弱く、熊手で割れてしまいます、誰も持ち帰りません。
写真中央の白い貝です、カモメの餌食となっていました。
20150404+125804_convert_20150405222917.jpg

2時過ぎまで、掘りっぱなし、慣れない作業で腕がパンパン、翌日、嫁さんに「もう若くないのやから・・・・・」と
約3.5㎏、最大4.5cmのアサリと8cmのハマグリ1個の収穫でした。
20150405+102157_convert_20150405223026.jpg

貝を新聞紙でくるんで、クーラーに入れ、別にバケツに10リッターほどの海水を持ち帰りました。
一晩海水につけて、砂抜きをしました、ためしに味噌汁で確認すると完璧でした。
砂抜きをして、知人におすそ分け、一部は冷凍、残りは酒蒸し等でいただきました。ハマグリは美味でした。
翌日は、筋肉痛で一日、ゴロゴロ・・・嫁はんの角が少し見えました。次は、ほどほどに!

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

みゃー雄

Author:みゃー雄
京都市に住んでいます。
キス・カレイ・アオリイカを中心に若狭湾近辺で楽しんでいるヘナチョコ釣り師です。

最新記事

最新トラックバック