Latest Entries

2017年10月15日~19日 東北の旅(3)          嫁さんと行ってきました!

前二回は、気ままな東北一人旅でしたが、今回は嫁さんと大手旅行会社のツアーで行ってきました。
京都はずっと雨のようでしたが、東北は晴れまたは曇りで、傘を開くことは有りませんでした。
晴れ男、晴れ女がいらっしゃったのでしょうね!

初日は、伊丹空港から岩手花巻空港へひとっ跳び、寒ぶぅ~、気温10度ぐらい。
男鹿半島をぐるっと一周して、子供のころ八郎潟と習った湖は干拓で大潟村となり稲が実っていました。
20171015_1627_convert_20171020140245.jpg

遠くに寒風山が見えます。温泉近くの「男鹿なまはげ太鼓」は迫力があります、全国ツアーもやっているようです。
20171015_1553_convert_20171020140220.jpg

二日目は白神山地へ、湖の色が真っ青です。
20171016_1027_convert_20171020140306.jpg

ブナの林、行けども行けどもブナ林、深呼吸!!!
20171016_1032_convert_20171020140330.jpg

テレビ等でおなじみの黄金崎不老ふ死温泉、ここは二回目です。
何回入っても良い温泉です。
20171016_1204_convert_20171020140350.jpg

津軽半島最北端の龍飛岬です、眼下に龍飛岬漁港?が有ります。
ホテルからこの漁港が見れるのですが、一晩中夜釣りをしている方がおられました、きっとでっかい青物が釣れるのでしょうね!うらやまし~い!
20171016_1631_convert_20171020140409.jpg

三日目は、陸奥湾フェリーで津軽半島から下北半島へ向かいます。
津軽海峡です、左が津軽半島、右が北海道です。
20171017_0932_convert_20171020140431.jpg

高速観光船に乗り換えて、仏が浦に上陸します。
どこへ行っても、とりあえず、観光客が少ないです。
20171017_1237_convert_20171020142756.jpg

巨岩がゴロゴロしています、とりあえず手つかずの状態です。
20171017_1251_convert_20171020140531.jpg

本州最北端の大間崎です。
マグロブームで有名となりました。
20171017_1441_convert_20171020140553.jpg

有名になりましたが、観光客の数は少ないです。これからですね。
20171017_1453_convert_20171020140621.jpg

恐山です、夕方五時過ぎに到着したので、人も少なく寂しいです。
20171017_1629_convert_20171020140638.jpg

四日目は、北三陸リアス鉄道の久慈駅です。
構内には「あまちゃん」で有名になったウニ弁当屋さんがあります。
三年前と同じ、1470円でした。
20171018_1143_convert_20171020140655.jpg

三陸鉄道さんも「あまちゃん」ブームも去り、PRに力を入れています。
私たちが乗った一両編成の列車の運転手さん、車掌さんともに若い女性の方でした。
20171018_1258_convert_20171020140714.jpg

駅構内に貼ってあった「あまちゃん」のポスター。
ちょっと色あせてきています。
20171018_114533_convert_20171020140732.jpg

五日目は宮古から浄土ヶ浜へ観光です、この観光船、船長さんの判断で沖合に逃れ、宮古で一隻だけ津波から残ったそうです。
20171019_032_convert_20171020140755.jpg

この付近の磯は手漕ぎボートでポン級以上のアイナメ、カレイが釣れるようです、貸しボート屋に写真がいっぱい貼ってありました。これまた、うらやましィ~。
20171019_0948_convert_20171020140813.jpg

浄土ヶ浜に上陸、人少ないです。
20171019_1042_convert_20171020140831.jpg

これでほぼ終了、ここ宮城県宮古市から山形県山形空港まで約6時間!
伊丹空港に着いたのが7時半ごろ、嫁さんにサービスしときました!
スポンサーサイト

2017年10月11日(水) 小浜エギング(5)             チョンボ続きで意気消沈 (´;ω;`) 

この釣り場は、家から2時間弱で到着できますので、体への負担が少ないです、おまけに湖西道路は無料ですので助かります。
現地到着6時前、うっすら明るくなってきています。
浜に降りると、ちょうど満潮時刻でもありましたが、異常に潮位が高いです、おまけにウネリもきついです。

最初の岩場を超えて、二つ目の岩場から始めます。
ほとんど岩が見えません。波、ウネリ共にきついので立ってるだけで疲れます。
20171011_0622_convert_20171012094156.jpg

当たり有りません、六投目ぐらいに底のステイでヒット!当たりは判らず。
15cmぐらいです、地合いを逃さないように後で捌こうと、いけす(漂着したかご)に入れてゲーム続行!
しばらくして後ろを見ると、ウネリでかごがひっくり返っています、当然イカも逃げています。ガックリ・・・
次、足元でエギをひったくっていく当たりが・・・
ほんと足元で大きく合わせることができません、ぐるぐる回りながら墨をはいています。
岩の上にずり上げようとした瞬間、外れて帰っていきました。コウイカちゃんでした。
20171011_0654_convert_20171012094219.jpg

海面が墨で真っ黒になったので、場所移動、三つ目の岩場です。
ほんの少し、岩が顔を出しています。
まだゼロ杯、ボウズが頭をよぎります。
20171011_0811_convert_20171012094340.jpg

ここでも当たりは有りません、五投目ぐらいにようやく底のステイでヒットしました、当たりはわからず。
ドラグが鳴っています、少し締めてテンションを緩めないように、足場を確保してランディング!
胴長21cm 大きいです、今季最大です。
20171011_0736_convert_20171012094240.jpg

続けて15cmぐらいのを二杯ゲット!
20171011_0748_convert_20171012094304.jpg

九時ごろ、コウイカを釣った後、当たり遠のき何もなし。
用事も有ったので、11時過ぎに終了!
20171011_0801_convert_20171012094324.jpg

アオリ 三杯
20171011_1710_convert_20171012094359.jpg

結構でかいコウイカ 一杯
20171011_1758_convert_20171012094415.jpg

そろそろエギングも終盤のようです、開幕から約一か月、短い期間です。
特にここは浅いので期間も短いようです。


2017年10月5日(木) 小浜エギング(4)             アタリが判りません!

昨晩は中秋の名月です、アオリの第二陣が入って来ているのを期待して行ってきました。
心配なのは、一昨日の大雨の濁りと水潮、ウネリです。
気合を込めて、現地到着5時半過ぎ、明るくなってから浜に降ります。

濁り、ウネリは思ったほどきつくありません。
いつもよく釣れる二つ目の岩場から始めました。
20171005_0630_convert_20171006211154.jpg

第一投、第二投・・・・・当たり有りません!
岩に新しい藻が生えているのと、流れ藻で結構カンナに掛かります。
7,8投目にやっと当たりがありました。底です当たりは判りません。
20171005_0631_convert_20171006211214.jpg

その後、また7,8投目にヒット、ジワーとラインが張っていきました。
当たりがハッキリわかったのは今日この一回だけです。
エギはいつものオレンジ系3号です。
7時過ぎ、釣れないので移動です、ここでは2杯のみでした。
20171005_0640_convert_20171006211233.jpg

三つ目の岩場です。数投目に底でステイ後しゃくると・・・
ウン?根掛かり?でもジワーと近づいて来ます、弱めのドラグが鳴っています。
テンションを緩めないように巻き上げ海面に出るとイカの足とスミを吐くのが見えます。
慎重に取り込み、胴長20cm、デカいです。居るんですね、こんなのが。
ここでコロッケサイズも含め6杯ゲット、今日の当たりエギはピンク系3号のようです。
20171005_0732_convert_20171006211251.jpg

釣れなくなったので10時頃、二つ目の岩場に戻り一杯追加。
20171005_0908_convert_20171006211307.jpg

またまた移動で一つ目の岩場です。
遠目に誰かおられます、小浜の主さんです。
しばらくお話しして、奥の岩場の方へ行かれました。
20171005_1107_convert_20171006211325.jpg

ここで一杯追加、底です。
20171005_1108_convert_20171006211342.jpg

今日の釣果 10杯(二杯は写っていません。)
 最大胴長 20cm
20171005_2011_convert_20171006211357.jpg

前回と言い、当たりが明確では有りません、ほとんどが底です。
かすかなアタリに合わすと足切れが二回ありました。




2017年9月30日(土) 湖南アルプス 鶏冠山                 変化に富んで楽しい山登りでした!

久しぶりの山歩きです、夏場は暑くて行けませんでした。
近場でお手軽なところとして、草津市南部の湖南アルプスの一つ、鶏冠山(とさかやま)へ行ってきました。
桐生若人の広場の駐車場(500円)に車を止め、9時スタート!

しばらく行くと滝があります、落ケ滝、落差20m、花崗岩の岩肌から蛇口を開けたように水が流れ落ちています。
20170930_0930_convert_20171002111914.jpg

谷沿いを進みますのでなかなか視界が開けません。
途中一か所、草津方面に琵琶湖が見えました。
20170930_0949_convert_20171002111933.jpg

お昼前に、鶏冠山の頂上に着きました、標高491m!
三角点はありますが、木が生い茂っていて視界は開けません。
鶏冠山付近には、巨岩等の岩は有りませんでした。
20170930_1044_convert_20171002111956.jpg

稜線を南下していくと、花崗岩の岩肌の道となり最初の巨岩が天狗岩です。
てっぺんのツルリとした岩の上に登ってみました。
写真の左の三角形の山が先ほど登ってきた鶏冠山です。
20170930_1227_convert_20171002112015.jpg

後はゆっくりと、天狗岩、耳岩、重岩、国見岩を眺めながら下っていきます。
20170930_1242_convert_20171002112032.jpg

谷筋に降りると、途中に狛坂寺跡に到着します、ここには大きな摩崖仏があります。
ここから、第二名神の下をくぐって、駐車場まで約1時間弱でした。
歩行時間、5時間半でした、ほぼ標準タイムでした。
標高は低いですが、結構しんどい山でした。
20170930_1344_convert_20171002112109.jpg


2017年9月26日(火) 小浜エギング(3)             アオリは貧果、足元にタコが! 

そろそろ濁りもなくなったと思いますので、行ってきました。
場所はいつもの岩場、6時着、だいぶ夜明けが遅くなってきました。
20170926_0618_convert_20170926211017.jpg

最初の岩場、10投ぐらいしましたが、ナッシング!
いつもよく釣れる二つ目の岩場、釣れません、5投目ぐらいにやっと本日最大の胴長16cmゲット!!!
当たりは明確ではありません、「うん?」 かすかな違和感で合わせると乗っています。
20170926_0646_convert_20170926211039.jpg

4,5投後に、これもかすかな当たりでゲット!
20170926_0659_convert_20170926211056.jpg

また4,5投目にゲット!
20170926_0716_convert_20170926211113.jpg

また4,5投後にゲット!
今日は、渋いです、個体数が少ないのかも?
ここは浅いです、そろそろ深場に移動したのかも?
約一時間で4杯、でも後は続きませんでした。
20170926_0742_convert_20170926211132.jpg

釣れないときは、よく海底に何かいないか探します。
すると、足元にタコが、海面下20cmぐらいです。
そっとエギを垂らすと・・・ゲット!
20170926_0846_convert_20170926211150.jpg

釣れないので、エギをとっかえひっかえ、やっと来ました。
アジカラー2.5号です。
20170926_0942_convert_20170926211207.jpg

現場で捌いて、胴体とゲソを持ち帰ります。
本日の釣果
 アオリ 最大胴長16cm  5杯 (タコ一杯)
20170926_1700_convert_20170926211229.jpg

さっそく茹蛸に!
20170926_1701_convert_20170926211250.jpg



Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

みゃー雄

Author:みゃー雄
京都市に住んでいます。
キス・カレイ・アオリイカを中心に若狭湾近辺で楽しんでいるヘナチョコ釣り師です。

最新記事

最新トラックバック